萌え台紹介 「怪盗天使ツインエンジェル」編

http://www.trivy.co.jp/products/twinangel.html


唐突に始まったこんなコーナー。
スロット5号機ではスペックに差をつけるのが難しい分、タイアップするキャラ・テーマに「萌え」が含まれているものが多い模様です。
アニヲタであり、ゲーヲタであり、スロキチであり、P店従業員である私。まさに私の時代が到来したといっても過言ではありません。



以前、「ヲタクのためのパチンコ入門」や「ヲタクのためのパチスロ入門」などで多少は遊技台の紹介をしているのですが、これからもいわゆる「萌え台」が増えていくようなので、せっかくだからひとつのコーナーとしてやっていこうかと思っています。
ただ、キャラがカワユスwwwとかばっかりでもアレなので、パチンコ業界人としての視点からも書いて見ようかな、と。



で、今回は初回から極めつけのような感じもしますが、「怪盗天使ツインエンジェル」の紹介です。
では、最初にヲタ向けの方への説明を。


1・「怪盗天使ツインエンジェル」の魅力 〜ヲタ向け編〜

声ヲタの私にとっての最大の魅力は!!意味不明に豪華な声優陣!!
キャラデが古賀誠氏(ARIAシリーズや撲殺天使ドクロちゃんなどのキャラデを担当)なので、本物(?)の萌えキャラですよ。



(c)Sammy
こちらのキャラ「あおい」のボイスは能登麻美子さんが担当。
もうガチで能登です。声質的には舞-HiMEの雪乃のような感じ?かな?
見た目の通り、おとなしく控えめな女の子なんですが、乳だけはどうにも大人しくないです。けしからん!まったくけしかr(ry
ちなみに左が変身前、右が変身後。変身すると「ブルーエンジェル」になります。
液晶演出などでたまに変身します(変身シーンはなし)。変身後の必殺技として「エンジェルアロー」を使用。主に照明を壊したり、ドキドキさせるために使います。キュンキュンです。


(c)Sammy

こちらのキャラは「はるか」。CVはみんな大好きゆかりんこと田村ゆかり嬢。
ニーソ・ツインテ・ツリ眼という3連コンボを持ちつつ、ツンデレ分は少なめという絶妙な調合。
声質的にもツンデレ分よりかはスポーツ娘分が多め。かしましのとまりちゃんみたいな感じ?
乳は控えめな分、演出では見事なスク水姿を披露してくれます。それを見るにはボーナス引かなきゃいけませんがね・・・。
変身すると「レッドエンジェル」に。必殺技は「エンジェルトルネード」です。この必殺技を見れる頃にはボーナス期待度もMAXなので大興奮必死ですな。



この二人のキャラの他にも、如月唯人(モロにタキシード仮面)役が檜山修之氏だったり、ほんのチョイ役にますみんこと浅野真澄嬢や淺川悠嬢を起用していたり、細部にまでこだわりを感じますね。
また、BIGボーナス終了後に、人気絵師の絵が見られますので、そちらも気になるところ。



当然魅力は他にもあります。それは各地で中毒者を出しているBIGボーナス中の音楽。
その道の人には有名な「ave;new」が担当する主題歌『ラブリー☆えんじぇる!!』がもうモロ電波ソング。キュンキュン!!とか言うし。
もう、一度聞いてしまうとこの曲の虜です。二度聞いてしまうと三度目を聞きたくなります。四度目以降は激しくリピートしていることでしょう。
かくいう私も、先に曲の方を聞いて「これはもう打たなきゃダメかもわからんね」ということで、車で往復100km近くかけて設置店に行きましたよ。
ちなみにコチラのサイトで試聴もできますので、一度は聞いてみることをオススメします。


2・「怪盗天使ツインエンジェル」の魅力 〜スロッター向け編〜

先日この台を打つまで、正直私は5号機不信でした。サンダーVSP等、そこそこ面白い台には出会っているのですが、いかんせん勝てない→面白くない→打たないの悪循環におちいってしまっていました。
先日打ったときは、まぁ勝ったから面白かったいう部分はあったものの、子役重複抽選の面白さやRTのアツさにはハッとさせられました。



私の打ち方は、左リールの赤7を上段ビタ→上段停止で中・右をフリー打ち(リプorハズレ)。中段停止で中・右バッグ狙い(ほぼバッグ確定)。下段停止でほぼベル。というような感じ。
赤7を枠上に押してしまうとチェリーをこぼしてしまうのが弱点ではありますが、同時抽選が期待できる小役のため、むしろ取りこぼした後の演出も楽しめます。DDTがカンペキじゃないとイヤという人以外は試してみてはいかがでしょう?
ちなみに、アツめの演出発生時に中押しBAR狙いも有効。中リールバッグ・BAR・バッグが止まるとチェリーorバッグ(orボーナス?)です。見た目のインパクトもある目なので、試してみてもいいかも?
ちなみに私は、地面から執事が出てくる演出で中押し、ミスってBARを下段くらいに押してしまったら中段に赤7光臨。もしやと思い左・右と赤7を狙うとそのままボーナスinなんてこともあったので、変則打ちもいろいろ楽しめそうな感じですね。



出玉性能も5号機にしてはまぁまぁな感じですね。青7の「AOI BONUS」は465枚以上獲得で終了。純増は310枚くらい。赤7の「HARUKA BONUS」は311枚以上獲得で終了。純増は210枚くらい。BAR揃いのレギュラーだと48枚くらいの獲得になるので、無いよりはマシ程度のものですね。
特筆すべきはRT「エンジェルタイム」です。1ゲーム平均0.9枚の増加が見込める「増えるRT」ですね。
全てのボーナス終了後に突入するチャンスゾーン内でリプレイより先にベルを揃えれば、次のプレイよりRT突入となります。
RT終了後もチャンスゾーンに突入するので、リプの前にベルを引き続ければ、RTは永久にループすることに。
ボーナス→RT→RT→ボーナス→RT→RT・・・のようなRTループが本機の魅力のひとつでしょうね。
また、このRT中に当選したBIGボーナス中には、先ほど説明した主題歌『ラブリー☆えんじぇる!!』が歌入りで流れます。逆に言うと通常時のBIGでは流れないため、私のように主題歌で洗脳されてしまったタイプの人はRTを引くまで頑張ってください。私は頑張りました。



今回は「紹介」と銘打っているので悪いところはあまり書きたくないのですが、演出のステップが上がっていく基準が不明なのが難点ですねぇ。
どの演出がアツいのか、また、どこまで行けばどれくらいの期待が持てるのかというのが曖昧なため、演出ではアツさが伝わりづらいですね。ま、その辺はなかなか秀逸なリール制御・出目でカバー、と言ったところでしょうかね。
演出の細かい点が改善されていれば、もう100点の台になるな、というのが私の印象。面白くなきゃこんな記事書きませんしね。



ボーナス終了後のハァハァと、RT中のBIGで流れる主題歌にキュンキュン。通常演出のキャラの動きにキザカワユスwwww(ん?)。
ただ、設置店があんまり無いのが悲しい。萌え分を抜いても面白い台なのに・・・ホールはもっとこの台を評価すべきだッッ!!



WEB拍手ボタンです。参考になったら押してみてくださいね〜。
押した際には「ツインエンジェル記事読んだよ」とか書いてくれると嬉しいです!





【追記】
この記事で使用している画像は、株式会社トリビー様のHPの素材を使用しております。
利用規約に則って使用しておりますが、問題が発生した場合すぐに画像を削除いたします。
問題があった場合は、お手数ですがこの記事のコメント蘭をご利用いただくか、sinta0120@hotmail.comまでメールを頂きたく思います。